手羽先のコーラ煮は電気圧力鍋で簡単に作れる!?応用料理のレシピ集

電気圧力鍋を使えば、煮物も短時間で仕上がり、出来上がりもバッチリですね!

たまには甘辛の手羽先のコーラ煮はいかがでしょうか。

手羽先は手ごろな値段で手に入り、電気圧力鍋なら時短料理できて一石二鳥です。

ここでは、失敗しない手羽先のコーラ煮の作り方をご紹介し、併せて応用料理もご紹介していきますね。

スポンサードリンク

手羽先のコーラ煮を電気圧力鍋で作る方法は?

手羽先のコーラ煮は手軽に作れて、見た目も豪華ですね。

ここでは、電気圧力鍋を使って短時間で仕上げる方法を紹介します。

手羽先のコーラ煮を電気圧力鍋で作るレシピ

材料(4人分)
  • 鶏肉手羽先…8本
  • コーラ…1カップ
  • 醤油…45cc(大さじ3)
  • 砂糖…10g(大さじ2)
作り方
①鶏手羽先はフォークや竹串で表面に穴をあけます。

②ビニール袋に調味料を入れ、鶏手羽先を入れてよくもみ込み味をなじませます。
できれば1時間以上漬け込んでおきましょう。

③電気圧力鍋に鶏手羽先の皮が下になるように入れて、調味料を入れてふたを閉めます。

④おもりを「密封」に合わせて圧力時間を5分にしてスタートさせます。

⑤加熱が終わったら、そのまま放置しピンが下がったら、ふたを開け上下を入れ書いて保温します。

⑥味が十分になじんだら完成です。
好みで煮汁を煮詰めて味を調節してもいいです。

手羽先のコーラ煮を電気圧力鍋で作る!更に美味しく食べるポイント

コーラの甘みでやや甘く仕上がりますが、甘いのを好まない人は砂糖の量を減らすといいでしょう。

焦げ目がついているのが好きな人は、あらかじめ電気圧力鍋で。

あるいはフライパンで焦げ目をつけてから、調味料を加えて加圧調理するのもいいですね。

鶏手羽先はとても柔らかく、しかも身離れが良く仕上がります。

これなら若い人でもお年寄りでも食べられるので大家族にもぴったりですね。

これだけでも十分美味しいですが

  • 一緒にじゃがいもを煮込んだり
  • 煮汁に半熟卵を入れて煮込んだり
して、それらを添えるとさらにおいしく豪華になりますよ。

キャベツの千切りやミニトマト、茹でたブロッコリーを添えてもいいでしょう。


スポンサードリンク

圧力鍋で簡単にできる手羽先のコーラ煮の応用料理!これでレパートリー数も大幅アップ!

お肉はph値を酸性に近づけると保水力が上がって柔らかくなります。

レモン汁や赤ワイン、清酒などに浸けるとお肉が柔らかくなることはご存じでしょう。

コーラなどの炭酸水も酸の溶液なのでお肉が柔らかくなる効果があるのです。

それなら、鶏肉だけでなくほかのお肉にも応用ができそうですよね。

コーラ煮を試すなら、次のようなものがおすすめです。

圧力鍋で作る手羽先のコーラ煮の応用編①牛肉とかぶのコーラ煮

では、まずは牛肉とかぶのコーラ煮の材料や作り方です。

材料(4人分)
  • 牛かたまり肉…450g
  • かぶ…2個
  • ニンニク…1片
  • ショウガ…1片
  • 唐辛子…1本
  • コーラ…450ml
  • 醤油…80ml
  • みりん…80ml
  • 塩、コショウ…適宜
  • 小葱(こねぎ)…適宜
作り方
①牛かたまり肉に塩、コショウで下味をつけます。

②フライパンで焼き目を付けます。手動、鍋モードで焼くこともできます。

③かぶは皮ごと半分に切り、ニンニクはつぶし、しょうがはスライスします。

④電気圧力鍋に肉とかぶ、「ニンニク」、「ショウガ」、「唐辛子」、「コーラ」、「醤油」、「みりん」を入れます。

⑤加圧ボタンを押して15分程度加圧します。
加圧料理が終わってピンが下がったらふたを開けて、皿に取り小ねぎを散らします。

⑥牛肉は柔らかく仕上がり、かぶにも味がしみ込んで美味しく食べられます。

圧力鍋で作る手羽先のコーラ煮の応用編②スペアリブのコーラ煮

では、スペアリブのコーラ煮の材料と作り方です。

材料
  • スペアリブ…850g
  • コーラ…500ml
  • 塩、コショウ…適宜
  • 醤油…大さじ3~4
  • 酒…大さじ2
  • おろしショウガ…チューブ入りなら3㎝ぐらい、生なら1片
  • ニンニク(チューブ入り)…3㎝
作り方
①スペアリブに塩コショウで下味をつけます、かなりしっかり味付けをすると美味しいです。

②30分程度寝かせます。

③電気圧力鍋を手動の鍋モードにして、火力5で焼き色がつくまで焼きます。

④キッチンペーパーで油を拭き取ります。

⑤「コーラ」、「ショウガ」、「ニンニク」と調味料を入れて混ぜます。

⑥電気圧力鍋を手動、圧力料理、密封に設定して20分加圧します。

⑦ピンが下りたらふたを開けてスペアリブを取り出します。

崩れるくらいに柔らかくなり、味が染みてとても美味しいです。

まとめて作ればおもてなし料理にもぴったりです。

圧力鍋で作る手羽先のコーラ煮の応用編③豚ロースのコーラ煮

では、豚ロースのコーラ煮の材料と作り方です。

材料
  • 豚肉ロース塊肉…500g
  • ネギ…1本
  • ニンニク…1~2片
  • ショウガ…1~2片
  • 酒…大さじ2
  • 醤油…75cc
  • コーラ…500ml
作り方
①豚肉にネットをかけます。

②キッチンペーパーで余分な脂分を吸い取ります。

③豚肉を鍋に入れて、ネギや調味料を入れます。

④煮物コースのうち、豚角煮を選択します。

⑤加圧時間は15分として加圧料理をスタートします。

⑥ピンが下がったら、ふたを開け鍋モードで煮汁を煮詰めます。
肉を取り出し、網をほどけば出来上がりです。

肉を切り分け、チャーシュー風に仕上げ、白髪ねぎを添えるといいですね。

柔らかくてジューシーなお肉はみんなが大好きです。

圧力鍋で作る手羽先のコーラ煮の応用編④手羽先と大根のコーラ煮

では、手羽先と大根のコーラ煮の材料と作り方です。

材料

手羽先と大根のコーラ煮の材料(4人分)

  • 大根…1/2本
  • 人参…1本
  • 長ネギ… 1本
  • 鶏手羽先…8本
  • おろしショウガ…小さじ2
  • コーラ…35ml
  • かつおだし…小さじ2
  • 醤油…大さじ5
作り方
①大根と人参は大きめの乱切りにします。

②長ネギは5㎝ぐらいに切ります。

③電気圧力鍋に野菜と鶏手羽先を入れ、「ショウガ」、「だし」、「コーラ」、「醤油」を入れて混ぜます。

④ふたをして、電気圧力鍋を10分間にセットし加圧料理をスタートします。

⑤圧力が下がるまで放置し、ピンが下がったらふたを開けます。

もともと鶏肉と大根は相性がいいですが、電気圧力鍋で一緒に加熱するとますます柔らかく美味しく仕上がります。

ほかの野菜も一緒に煮るので栄養バランスの良い一品になります。

スポンサードリンク

手羽先のコーラ煮は電気圧力鍋で作る方法のまとめ

電気圧力鍋を使うと、手羽先のコーラ煮は手軽に作れます。

コーラに含まれる炭酸によりお肉がより柔らかくなるので、なおいっそう美味しく食べられます。

鶏肉以外に牛肉でも豚肉でも作れますから、ぜひお試しください。