ローストビーフの薬味のおすすめ!抜群に合うソースにはどんなものがある?

豪華そうでも、実はフライパンで蒸し焼きにして、余熱で火を通せばお店にも負けない程美味しく作れちゃうローストビーフ。

そんな自宅でも簡単に作れてしまうローストビーフに合う薬味やソースには、一体どんなものがあるのでしょうか?

ここでは、ローストビーフに合うオススメの薬味やソースなどを紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

ローストビーフの白いソースの作り方は?ヨーグルトソースを紹介

意外にもお肉と相性がいいのが、ヨーグルトをベースにした「ヨーグルトソース」です。

作り方も、調味料を混ぜ合わせるだけなのでとても簡単なので、是非一度作ってみてくださいね!

〔材料〕2~3人分

  • プレーンヨーグルト(無糖)・・・大さじ3杯(45g)
  • マヨネーズ・・・大さじ1.5杯
  • レモン果汁・・・小さじ1杯
  • すりおろしにんにく・・・小さじ1/4杯
  • 塩・・・適量
  • 黒コショウ・・・適量
この材料すべてを容器に入れて、混ぜ合わせるだけで完成です。

このソースは、加熱をしないソースのため、にんにくを入れすぎると辛くなってしまう場合があります。

味見をしながら少しずつ分量を増やして、好みの味に調節していきましょう。

レモン汁でも代用可能ですし、リンゴ酢を使うとフルーティーに仕上がりますので、是非試してみてくださいね。


スポンサードリンク

ローストビーフに合うソース5選!好みのソースで食べよう!

ローストビーフに合うソースは沢山ありますが、ここでは特に合うソースを5つご紹介していきたいと思います。

手作りソースを5個紹介しますので、色々試して自分の好みのソースを見つけて、ローストビーフを美味しく食べましょう!

ローストビーフに合うソース①旨味引き立つわさびしょうゆソース

わさびを入れるしょうゆベースのソースは、わさびのツンとしたさわやかな香りが、お肉のおいしさをより一層引き立ててくれます。

かけたり、つけたりして食べるのはもちろんですが、ローストビーフ丼のタレとして使用してもとても美味しいのでオススメです。

ローストビーフに合うソース②旨味たっぷりたまねぎソース

市販のローストビーフについてくるタレは、たまねぎ入りのソースが定番です。

作り方のコツは、たまねぎをしっかりと煮詰めることです。

しっかりと煮詰めることによって、たまねぎの辛みが甘味に変わりとても美味しくなるのです。

砂糖の代わりに果汁ジューズを使うことで、フルーティーに仕上げるのもポイントです。

ローストビーフに合うソース③本格派赤ワインソース

赤ワインを使うとオシャレですよね。

少し難しそうなイメージがある赤ワインソースですが、実は材料を煮詰めるだけで、簡単に作れてしまうんです。

美味しく作るコツは、美味しいワインを使うことと、仕上げにバターを使うことです。

お家にいながら、本格的な赤ワインソースを楽しんでみましょう!

ローストビーフに合うソース④酸味さわやかヨーグルトソース

先程も紹介しましたが、もちろんヨーグルトソースもオススメです。

酸味があってとてもさわやかな味になるので、ローストビーフサラダを作る時にもオススメです。

ローストビーフに合うソース⑤甘酸っぱいブルーベリーソース

冷蔵庫の奥に眠っているブルーベリーを使って、ローストビーフにぴったりの美味しいソースを作ることが出来ます。

ブルーベリーのさわやかな甘酸っぱさがお肉と相性抜群で、作り方も煮詰めるだけと、とても簡単なので是非一度作ってみてください。

使う材料の酒を赤ワインに変えて、穀物酢をバルサミコ酢に変えることで、より本格的な味わいにすることが出来ます。

また、果実感を出したい時は、冷凍のブルーベリーを使うのがオススメです。

スポンサードリンク

そもそもローストビーフとはどういうものなの?

ローストビーフとは、イギリスの伝統的な料理のひとつです。

牛肉の塊をオーブンなどで蒸し焼きにして、薄くスライスしたものを言います。

焼きあがったら薄くスライスして、グレイビーなどをかけて食べたりします。

薬味としては、「ホースラディッシュ」や「マスタード」、「クレソン」などと一緒に食べられることが多いですね。

また、サンドウィッチの具やハッシュドビーフに使われることもあります。

中身をほんのり赤みが残る程度に焼き上げることがポイントです。

ローストビーフと一緒に食べると美味しい薬味①グレイビー

グレイビーとは、調理されたお肉から出る肉汁を元に作られるソースのことです。

少しのお肉とたまねぎ、スパイスなどが茶色くなるまで炒めて、小麦粉と水を加えて煮込むとグレイビーが出来上がります。

ローストビーフと一緒に食べると美味しい薬味②ホースラディッシュ

ホースラディッシュは、アブラナ科の耐寒性の多年草で、和名では「セイヨウワサビ」と呼ばれています。

フィンランドの東ヨーロッパが原産で、60センチほどのとがった明るい緑色の大きな葉っぱが特徴的です。

白色をした根には強い絡みがあり、すりおろした物はローストビーフの薬味として欠かせないものになっています。

ローストビーフと一緒に食べると美味しい薬味③マスタード

マスタードは、カラシナやシロガシラの種子やその粉末に、「水」や「お酢」、「糖類」や「小麦粉」などを加えて練り上げた調味料のことです。

カラシの風味とお酢の酸味が持ち味です。

ローストビーフと一緒に食べると美味しい薬味④クレソン

クレソンは「オランダガラシ」とも言われていて、水中や湿地で育つアブラナ科の多年草です。

緑黄色野菜に分類されていて、独特な香りやほのかな苦み、ピリッとした辛みが特徴です。

βカロテンを多く含んでいて、

  • ビタミンC
  • 鉄分
  • カルシウム
  • カリウム
  • 葉酸
など豊富な栄養素が含まれていて、血液の酸化や貧血の防止に役立つ野菜としても知られています。

スポンサードリンク

ローストビーフの薬味のまとめ

オシャレで難しそうに感じるローストビーフも、実はお家で簡単に作ることが出来ますし、ソースも簡単に作れてしまいます。

今回ご紹介したソース以外にも沢山の種類があります。

自分で作るのが少し不安でしたら市販で買える美味しいソースも沢山販売されていますので、いろいろ試して自分好みのソースを見つけてみましょう!