お宮参りの服装で男性は何を着る!?意外と知らない服装のマナー

「お宮参り」といえば、お母さんは着物やワンピース。

お父さんは礼服や落ち着いた色のスーツを着ていくイメージですよね。

大切なお祝い事を気持ちよく過ごすためにも、シーンに適した格好を知っておくことは大事です。

とはいえ、同じスーツでもどういうものを選べばいいか悩むお父さんもいるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

お宮参りの服装で男性のカジュアル服はNG!コーデの仕方を紹介

せっかくのイベントとはいえ、お宮参りの主役は赤ちゃんです。

主役より目立ってしまうのはマナー違反ですね。

赤ちゃんの産着は晴れ着となります。

なので、赤ちゃんが産着を着る際は

  • 礼装
  • 準礼装
  • 略礼装
のいずれかで臨むようにしましょう。

赤ちゃんやお母さんがお着物でも、お父さんはスーツを選択される方が多いようです。

なにはともあれ、赤ちゃんを含めた参拝に行く皆さんの服装のバランスを合わせることが大事です。

お母さんは着物なのに、お父さんが私服姿だと、一緒に並んだ時がアンバランスになってしまいますよね。

参拝に行く服を選ぶときは、参拝するメンバーの服装のバランスが極端に違いすぎてしまわないように心がけましょう。

お宮参りにおすすめの男性のスーツの特徴

スーツにも様々な種類があるので、赤ちゃんの服装にあったものや、季節も考慮して選びましょう。

お宮参りの男性の服装①お宮参りにオススメなのはビジネススーツ!

ビジネススーツは仕事の場面で着用するスーツで、落ち着いた色のものがほとんどです。

色は

  • ブラック
  • 濃紺
  • ダークグレー
がおすすめです。

「ストライプ」
「チェック」
「織柄」
「ツイード」

といった、さりげない柄が施されたスーツも素敵ですね。

シングルスーツでもダブルスーツでもどちらでも大丈夫です。

シャツは白が基本ですが、薄い色合いのライトブルーやグレーでも問題ないでしょう。

ネクタイも出来る限り派手でないものを選びましょう。

ビジネススーツは、動きやすさや通気性、丸洗いできるなど、機能性を重視しているので、気楽に着用できますね。

お宮参りの男性の服装②礼服(ブラックフォーマル)でもOK

近年では随分と減ってきましたが、礼服(ブラックフォーマル)を選ぶことも間違いではありません。

しかし、注意しなければならないのが、ビジネススーツよりもかなり格が上がってしまうので、ご家族との服装が釣り合うように気を付けてくださいね。

また、お祝い事になりますので、ブラックフォーマルの中でも、より黒が深い喪服は着用できません。

※黒のネクタイも弔事用のため、NGです。

お宮参りの男性の服装③カジュアルはダメなの?

この時期の赤ちゃんは大変手がかかります。

それに、ママの体調もまだまだ安定しないので、お宮参りの準備まで手が回らないご家庭もあるのではないでしょうか?

お宮参りの服装について厳密なルールがあるわけではないので、必ずしもスーツでなければダメ!というわけではありません。

スーツを着用しなくても問題はありませんが、カジュアルすぎたりラフすぎるのは控えましょう。

あくまでフォーマルを目標としてコーディネートしましょう。

フォーマル感アップのポイント

  • インナーは襟付きのものを選びましょう
  • ジャケットやパンツの色は黒やネイビーなどの落ち着いた色のすると、スーツのような印象にまとめることができます。

お宮参りにNGな服装

  • スウェットやTシャツ、タンクトップ、ジャージ、ハーフパンツやサンダルなどラフすぎたり露出の多い服装はNGです。
  • 拝殿に上がる際は、ジーンズも避けた方が無難でしょう。
  • 鳥居をくぐる前は、帽子やサングラスは外すのがマナーです。

お宮参りは、神様を祭ってある神聖な場所で行う、神聖な儀式です。

神様に赤ちゃんが無事に生まれたことを報告し、赤ちゃんが健やかに成長することを願う日なので、神様に失礼のない服装で参拝しましょう!


スポンサードリンク

お宮参りの服装で男性の場合、夏はどんな格好をしたらいい?

冬場のスーツは問題ないですが、夏場のスーツは暑いですよね。

参拝のあとの食事会など、移動の時間も考えるとそこそこの長丁場。

なので夏のお宮参りでは、涼しさと快適さを重視しましょう。

夏場のスーツ選びのポイントを紹介します。

夏スーツを選ぶなら、生地や素材をチェック!

一口に夏用スーツと言っても、生地の素材によって着心地から印象まで大きく変わってしまいます。

お宮参り中、快適に過ごすため、しっかりチェックしましょう。

お宮参りの男性の服装に!夏用スーツにオススメの生地素材

では、夏用のスーツにおススメの生地素材をご紹介していきます。

男性の夏用スーツにおすすめの生地素材①吸水性と肌触りに優れた定番素材「コットン」

コットンは吸水性に優れた肌触りの良い生地で、通気性もよく、優しい天然素材なので汗トラブルの心配もありません。

夏の定番中の定番素材です。

男性の夏用スーツにおすすめの生地素材②盛夏に最適な素材「リネン」

コットンやシルクよりもはるかに吸水力と速乾性に優れ、汗や水分を素早く吸い取り発散するリネン。

シャリ感のある独特な感触はベトつきが少なく、通気性も抜群で涼感たっぷりです。

昨今では合成繊維やウールと混紡させることで、シワがつきにくく型崩れしにくいモデルも展開されています。

男性の夏用スーツにおすすめの生地素材③夏向きに作られた風通しの良い「ウール」

ウールと言えば冬のイメージを持ちがちです。

でも、繊維自体に空気を含むことができて熱伝導率が低いので、織り方によっては夏でも快適に着られます。

また、吸湿・放湿性にも優れている点も夏にぴったりですね。

ウールを使った夏の代表的な生地としては

  • トロピカル
  • ブロードクロス
がおすすめ。

お宮参りを目的としているので、色は

  • ブラック
  • 濃紺
  • ダークグレー
がいいですね。

特に暑い時期はノーネクタイのクールビズスタイルでも大丈夫です。

近年の夏は酷暑の日が続く日も多いので、しっかり暑さ対策も必要ですね。

お宮参りにスーツの準備が間に合わない!そんな時はレンタルがオススメ!

お宮参りのためにスーツを出したのは良いが、サイズが変わってしまった・・・という方。

また、普段スーツをあまり着る機会がないという方もいらっしゃいますよね。

その日のためだけに、新しいスーツを買うのはもったいない・・・

そんな時は、無理にスーツを買わずにレンタルをするのもオススメです!

スーツのレンタルのメリット

  • 買うより安い
  • 必要なものが全てセットになっている
  • サイズも種類も豊富
  • 礼服のレンタルは即日発送してくれるので安心
  • クリーニング代が不要
  • 保管場所が不要
また、冬場の寒い時期など礼服にあわせるコートも、買うとなるとなかなかの出費なのでレンタルがおすすめです。

いざという時の一張羅も大事ですが。

自分の体型が変わってしまってたり、久しぶりにタンスから出してみたらスーツのコンディションが悪かった・・・なんてことも十分あり得ます。

せっかく、レンタルという便利な制度があるので、そういう時は遠慮せず活用してみましょう!

お宮参りに最適!「スーツのレンタル」の詳細を見てみる

スポンサードリンク

お宮参りの服装で男性は何を着る!?のまとめ

スーツに関するマナーをきちんとわきまえ、ふさわしい着こなしでお祝い事に臨みましょう。

たしかに、まだまだ赤ちゃんに手がかかって忙しい時期ではありますが、せっかくの晴れの日によれよれの普段着では台無しです。

ご家族そろって素敵に服装を整えて、一生の思い出に残るお宮参りにしてくださいね。