ギプスの足は雨の日はどうする?濡らさないためにできるアイデア

ただでさえ不便なギプス。

動きにくいし、かゆいし、蒸れる。

これが雨の日なんて最悪ですよね。

そもそも、種類にもよりますが、基本的にギプスを濡らしてはいけません。

ドライヤーでしっかり乾かせば大丈夫かもしれませんが、ギプス自体が分厚いのでなかなか乾きません。

そうなると蒸れも痒みも加速するうえに匂いもきつくなります。

特に足のギプスなんて、雨や泥水がはねちゃって更に汚れますよね~

今回は、足のギプスの雨の日対策について解説していきます。

スポンサードリンク

ギプスの雨の日用カバーを紹介!入浴にも使えるものも!

雨の日や入浴の両方に使えるギプスの防水カバーなんて便利なものもあります。

しかし、すぐに買いに行けなかったり、ネットで買っても手元に届くまでに数日かかってしまったりしますよね。

そんな数日の間にも雨が降っちゃって困ることもあります。

取り急ぎ、応急処置としての方法を紹介します。

身の回りにあるもので簡単!ギプスの防水カバー

家にあるものや100均で安く済ませたい時にオススメ。

防水カバーをする前に、ギプスの上からタオルで巻いてヘアゴムなどで固定してから防水対策をしましょう。

入浴の時は、ギプスの上からぴっちりとラップを巻き付け、その上から更にタオルで保護すると安心です。

身の回りにあるもので作るギプス防水カバー①ゴミ袋とガムテープ

ゴミ袋をレッグウォーマーみたいに履いて、巻き付け、ガムテープで固定する。

味気ないですが、応急処置だと思って我慢してください。

身の回りにあるもので作るギプス防水カバー②100均レインコート(ズボン)

ギプスのサイズに合わせて、ズボンをカットします。

その後、ガムテープなどで落ちないように巻き付けて固定する。

ゴミ袋よりは破れにくいので、安心感があります。

身の回りにあるもので作るギプス防水カバー③雨用のシューズカバー

雨用のシューズカバーは、なんと100均で手に入ります。

こちらはダイソーの商品ですが、他の100均でも防水シューズカバーの取り扱いがあるようなので、見てみる価値ありです!

長さが足りない場合でも、ゴミ袋やレインコートで脚全体をカバーした後に、足部分だけでもこちらのシューズカバーを履くと、かなり保護されると思います。

「100均のシューズカバー」の詳細を見てみる

オススメ!お風呂にも使える防水カバー

ここまでで紹介した防水カバーは、あくまで応急処置。

ギプスが外れるまで、一般的には3週間から6週間程度固定しなきゃいけないので、けっこう時間かかりますよね。

それだけ長い間ギプスとお付き合いするのなら、専用の防水カバーを買った方が快適だし衛生的です。

ただでさえギプスでストレス溜まりまくってるんだから、少しでもストレスフリーを目指しましょう!

おすすめ!専用の防水カバーの紹介

こちらの商品ですと、雨の日の外出も入浴もOK。

「足のギプス用防水カバー」の詳細を見てみる

安いし、普通のビニールっぽいし、大丈夫かな・・・

なんて、侮ることなかれ!

マジックテープでしっかり固定できるうえに、ビニールも1カ月くらいしっかり長持ち。

マジックテープを少しきついかなと思うくらいしっかり留めるのがコツです。

コスパも機能面も評判は上々です。


スポンサードリンク

足を骨折したら雨の日はどうする?おすすめギプスカバー5選!

骨折でギプス装着中、雨が降ったからと言って学校も仕事も簡単には休めませんよね。

そんな雨の日に大活躍してくれる防水ギプスカバーを紹介していきます。

雨の日に活躍!防水ギプスカバー①ギプスの雨除けに 防水シューズカバー(片足)

ギプス装着を考えた上で作られたものなので、やはり安定して使いやすいです。

でも、ギプスの種類やサイズによっても履き心地はかなり変わってくるので、ギプスのサイズをしっかり測ってから注文しましょう。

「ギプスの雨避けに 防水レインシューズカバー 片足」の詳細を見てみる

雨の日に活躍!防水ギプスカバー②使い捨て ロング靴カバー

使い捨てタイプなので、心置きなく使えます。

ギプス卒業した後も、雨や台風対策、アウトドア時の雨対策にカバンに忍ばせておけますね。

軽量でかさばらないので、行きは晴れてたけど帰りが雨・・・なんて時も、これをカバンに入れておけば安心です。

「梅雨対策にかかせない靴カバー(ロング 使い捨て)」の詳細を見てみる

雨の日に活躍!防水ギプスカバー③使い捨て 防水シューズカバー(ロング)

前の商品と似ていますが、こちらはさらにロングタイプ。

装着しているギプスのサイズ次第で、どちらでも良さそうです。

「シューズカバーの防水使い捨て (ロング)」の詳細を見てみる

雨の日に活躍!防水ギプスカバー④レインシューズカバー ロング

こちらは使い捨てではありません。

深めのファスナー付きなので、着脱も楽なうえに、アウトソールが全面滑り止めなので、安心して使えますね。

「レインシューズカバー(ロング)」の詳細を見てみる

雨の日に活躍!防水ギプスカバー⑤アルケア キャストシュー

きっちり包み込んでくれてる感があるので、安心感があります。

しかも面ファスナータイプなので、装着も簡単です。

「アルケアのキャストシュー」の詳細を見てみる

どの商品を選ぶにしても、サイズの確認はしっかり行ってください。

ギプスが大きいからと、大きいサイズを選びたくなるのもわかりますが、すき間が出来ると、雨がしみ込んできてしまいます。

だいたいどれも、きついくらい固定するのがポイント。

これらのシューズカバーはギプス用にも考えられているものなので、サイズはかなり細かく記載されています。

買ってから後悔しないように、メジャーでしっかり測ってから購入してくださいね。

スポンサードリンク

ギプスの足は雨の日はどうする?のまとめ

ギプス生活って、本当に不便ですよね。

ギプス生活に役立つ便利グッズも意外と安くで手に入るし、ギプス専用でなくても活用できるものもたくさんあります。

快適とまではいきませんが、少しでも楽に、ストレスフリーになる方法を見つけてくださいね。