出産祝いの祝儀袋の書き方で連名のときは何に気を付ければいい?

親しい人に赤ちゃんが生まれたら、お祝いを贈りたいですね。

それぞれが思い思いのお祝いを贈ることもありますが。

会社やサークルの仲間などでは、気の合う人同士で、あるいは所属している課の全員でご祝儀を出し合って贈ることもありますね。

こんな時には祝儀袋にどう書いたらいいのか悩んでしまいますよね。

スポンサードリンク

出産祝い祝儀袋!連名での書き方は?

出産祝いの祝儀袋を書くときには、白い封筒に赤白の水引が蝶結びになっているものを使います。

蝶結びは何度も繰り返すことができることから、何度あっても良い慶事に使われているからです。

表書きの名目は中央の上半分に、「お祝い、御祝い、御出産御祝い、ご出産お祝い」などと書きます。

最近はこだわらない人も多いですが、「御出産祝」と書くと4字なので縁起が悪いと気にする人もいますから、注意しましょう。

水引を挟んで下半分に、名目よりもやや小さい字で贈り主の名前を書きます。

同姓の人がいることも考えられるので、フルネームで書くのが基本です。

できれば毛筆か筆ペンを使い濃い字で書くのが理想的です。

もしなければサインペンなどでも代用できますが、できるだけ丁寧な字で書きたいものです。

出産祝いの連名の書き方①夫婦や兄弟あるいは友人が2人または3人で贈る場合

夫婦なら右に夫、左に妻の名前を書きます。

夫婦なら夫のみフルネームで、妻は名前のみでも構いません。

兄弟や友人なら、右に年長者、左に年下の人の名前を並べて書きます。

会社の人なら、右に目上の人、左に行くほどに目下の人の名前を書くようにします。

友人同士ならば年齢順かあいうえお順でもいいでしょう。

出産祝いの連名の書き方②4人以上の場合

贈り主が4人以上の場合は、全員の名前を並べて書くのは無理ですね。

そこで、中央に代表者の名前を書いて、その左に「外一同」と書きます。

会社の部署からならば

  • 「○○課一同」
  • 「○○課有志一同」
などのように書きます。

別紙にそのご祝儀を贈る人全員の名前を書いて祝儀袋に同封しましょう。

会社の同僚の場合は○○課であることが分かっているので名前だけで十分です。

友人同士で贈る場合は、フルネームと住所を書いておくのがいいですね。

名前の順番は右から年上の人、次に年下の人になるように書きます。

ほぼ同年代の友人ならばあいうえお順に書きます。


スポンサードリンク

連名で出産祝いを贈るなら金額はどのくらいが適当?

では実際に連名で出産祝いを贈るときって、金額的にはどれくらいの額が妥当なのでしょうか?

出産祝い贈るときの金額①兄弟姉妹に連名で贈る場合

贈る人が20代ならば1万円程度、30代で既婚の場合は3万円ぐらいまでが相場です。

出産祝い贈るときの金額②親戚に連名で贈る場合

5000~10000円ぐらいですが、地域によって相場が決まっているところがあるので、その地方の慣例に習うのが妥当です。

出産祝い贈るときの金額③友人に連名で贈る場合

親しい友人ならば、一人あたり3000~5000円が適当です。

合計で1~3万円ぐらいになるようにしましょう。

あまり金額が多いと、もらった人がお返しなどに気を使うことになります。

むしろごく親しい人なら「お返しなどは気を遣わないでね。」と言ってあげたいところです。

出産祝い贈るときの金額④職場関係の人に連名で贈る場合

会社の場合は同僚と一緒に贈ることが多いですね。

一人あたり1000~2000円ぐらいで、合計1~2万円ぐらいが適当です。

合計であまり高額にならないように、そしてきりのいい金額がふさわしいです。

例えば、みんなで1000円ずつ出し合って合計が9000円だった場合は10000円にして贈る方がスマートです。

みんなできっちり同じ金額でご祝儀を出し合うことが、都合が悪いような場合。

そんなときには、

  • 上司は多めの金額で
  • 新人は少なめの金額で
といった感じで出してもらうのも、一つの方法です。

いずれも心からお祝いする気持ちを大事にして無理のない範囲でご祝儀を出し合いたいものです。

出産祝いを贈るときにできる気遣いはある?

最近はこだわらない人も多くなって来ましたが、お祝いなので新札を用意できれば尚良いでしょう。

デパートや文房具店に行くと、紅白の水引のようなクラシックなご祝儀袋だけでなく、かわいらしいデザインの洋風祝儀袋も出ています。

ごく親しい友人などの場合はそのような素敵な祝儀袋を使うのも気が利いていますね。

私の家でも数年前に孫が生まれましたが、父親である息子は転勤したばかりの言わば新人だったにもかかわらず、職場の方々から出産祝いをいただきました。

まだ馴染み深いとも言えない、そんな息子の赤ちゃんの誕生を祝って下さった同僚の方々のご厚意を思うと本当に嬉しかったです。

誰からいくらいただいたというより、心のこもった贈り物をいただいたことが貴重なのですね。

スポンサードリンク

出産祝いの祝儀袋の書き方で連名のときのまとめ

出産祝いの祝儀袋は、表書きには、上半分中央に「御祝い、御出産御祝い」などと書きます。

下半分にフルネームで名前を書きます。

連名の場合は3人までぐらいなら並べて書き、それ以上なら中央に代表者の名前を書きその左に「外一同」とします。

別紙にお祝いを贈る人全員の名前を書いて添えます。

ご祝儀を贈ることによって赤ちゃんの誕生を喜んでいることを伝えられたらいいですね