ワーママの転職に有利な資格は?自分にぴったりな仕事を見つける方法

スポンサードリンク
この記事は約4分で読めます。

「子育てもひと段落したし、そろそろ何か仕事をしたい!」と思うママさんは多いですよね。

子育て中の隙間時間で、何か転職に有利な資格を取得しておくと、後々まで楽が出来るのでオススメです。

では、どのような資格を取得しておくべきかを見ていきましょう!

①英会話(TOEIC等)
日本も国際化が進み、英会話ができる人材はどの会社からも求められています。

更に子供が小学校や中学校に進学する時に、英語の勉強を見てあげられるというメリットもあります。

②ファイナンシャルプランナー
ファイナンシャルプランナーは転職に有利なだけではなく、お金や経済の知識がつく、ママに嬉しい資格です。

ただし合格率はやや低めですので、しっかり勉強してから試験に挑みましょう。

③医療事務(調剤事務)
医療事務や調剤事務は時間や勤務場所に融通が利きやすく、ワーママさんにぴったりの仕事です。

資格も比較的取得しやすい為、取っておいて損はないですね。


スポンサードリンク

ワーママが転職するならパートがおすすめ?その理由とは?

子供の養育費や今後のことを考えて、正社員を考えているママさんもいるでしょう。

しかし、ワーママさんはパートで働くのがオススメです。

ワーママさんこそパート!その理由とは?

なぜパートで働くのがオススメなのか、3つの理由に分けてお話しさせていただきますね!

ワーママさんこそパートな理由①時間に余裕ができる

1つ目の理由は、やはり時間に余裕が出来ることです。

正社員ですと出場時間が長くなりますし、残業しなくてはいけない事もあるでしょう。

しかし、パートですと残業することもほぼありませんし、時短勤務もしやすいです。

ワーママさんこそパートな理由②休みがとりやすい

2つ目の理由は、休みが取りやすいという点です。

子供がいると学校の行事や病気などで、急に休みをもらいたいという事も多くなりますよね。

パートですと気兼ねなく休み申請ができますので、子供に合わせて仕事をすることができます。

ワーママさんこそパートな理由③好みの職種が選びやすい

3つ目の理由は、好みの職種が選びやすいという点です。

正社員に比べてパートの求人数は多く、たくさんの職種から選べます。

自分に合った仕事が探せる為、長く勤めることが可能です。

以上3つの理由から、ワーキングマザーはパートで働くべきだと思います。

ただし時間に余裕があったり休みに融通が利いたりする場合は、正社員を目指しても問題ないですね。



スポンサードリンク

ワーママが転職するなら知っておきたい!面接のコツを紹介!

転職をする時に避けられないのが、面接です。

ワーキングマザーは落とされやすいと言われますが、面接のコツさえ押さえていれば怖くありません!

まずは面接で伝えるべきなのは、「子供がいる」という点です。

子供がいると伝えると落とされると思いますが、そこで落とされたのならばワーキングマザーに理解のない会社、という事になります。

また、両親や兄弟など、非常事態に子供を見てくれる存在がいる場合はそれも伝えておきましょう。

ただし面接で1番大事なことは、「ここで働いてもらいたい」と思わせることです。

面接官からの質問はハキハキと元気よく答え、笑顔を心がけるようにしましょう。

私は一度面接官として面接した事があるのですが、面接で見るのは人なりや雰囲気です。

もちろん経歴や資格も見ますが、それよりも大事なのは「この人と一緒にやっていけるか」どうかを見ていました。

面接は緊張すると思いますし、よく見られたくて自分を出さない人が多いと思います。

しかし、面接では自分のありのままを見せるようにしなくては、就職した後に後悔してしまう恐れがあります。

ワーママの転職に取っておきたい資格!のまとめ

今回はワーキングマザーの転職について色々お話ししましたが、自分の生活に合わせて仕事を選ぶ事が大切だと思います。

お金を稼いで生活を豊かにする事もいいですが、子供との時間や自分の趣味の時間を持つ事もまた重要です。

ワーキングマザーは他の人に比べて自由に使える時間は少ない為、自分の後悔のないように仕事を選びたいですね。

これから転職を考えるワーママさんが、自分らしく働ける職場が見つかるように応援しています!