産褥ニッパーと骨盤ベルトの違いは?産後リフォームのインナーを紹介

スポンサードリンク

産後はウエストや骨盤周りの大きさにびっくりしてしまいますよね。

妊娠前の体型に戻したくて、骨盤ベルトや産褥ニッパーなどを購入しようと思っているママさんも多いと思います。

ですが、骨盤ベルトも産褥ニッパーも沢山種類がありますし、そもそも2つの違いがよく分からない人も多いのではないでしょうか?

スポンサードリンク

産褥ニッパーと骨盤ベルトの違いってなに?

そもそも、産褥ニッパーと骨盤ベルトの違いは何なのでしょうか?

私も調べるまで分かりませんでしたし、他にも違いがよく分からない人もいるのではないでしょうか?

ここでは、産褥ニッパーと骨盤ベルトの違いを解説していきたいと思います。

産褥ニッパーとはどういうものなの?

産褥ニッパーは、出産後すぐに使うことが出来るリフォームインナーです。

サポートしてくれる範囲は、ウエスト周りと骨盤の一部をサポートして、出産前の体型に戻す手助けをしてくれます。

ウエストを中心に骨盤の一部を覆うタイプのものが多く販売されています。

製品の中には、強度を増すためにプラスチック製の棒が入っています。

骨盤ベルトとはどういうものなの?

骨盤ベルトも、産後すぐに使うことができます。

骨盤ベルトは、骨盤の歪みやズレ、開きなどを治す効果があります。

そして、骨盤の中心や接合部分、大転子などの重要な部分をベルトで巻いて骨盤を支えてくれます。

ベルトでしっかり支えることで、骨盤の歪みや開きが戻るだけでなく。

腰回りの筋肉へかかる負担を減らして、腰痛を予防してくれる効果もあります。

また、腹筋や背筋が弱くなっている人も、骨盤ベルトをすることで、身体への負担を減らすことが出来ます。


スポンサードリンク

産褥ニッパーは本当に必要か?先輩ママたちの体験談を紹介!

産褥ニッパーや骨盤ベルトといった産後のリフォームインナーは沢山存在しますが、実際に産褥ニッパーは本当に必要なのでしょうか?

必要でなかったら、購入するのは勿体ないですよね。

ここでは実際に産褥ニッパーが必要かどうか、先輩ママの体験談ご紹介していきます。

先輩ママの実際の声
ママ①
「産褥ニッパーを使用しなくても、骨盤ベルトで十分ですよ」

ママ②
「ニッパーを使うと、骨盤を歪めやすくなりますよ。骨盤が歪むと体型は戻らなくなります。腰痛や股関節の痛みの原因にもなりますし、内臓脂肪もたまりやすくなってしまうので、ニッパーを使うよりも、ベルトで骨盤を元に戻したほうがいいです。」

ママ③
「産院では、将来のことを考えるのでればニッパーは使わすに、骨盤ベルトを使った方がいいと指導を受けました。」

ママ④
「産褥ニッパーはオススメしません。産後に無理やり締めるのは身体によくありませんし、骨盤ベルトがあれば十分だと思います。」

ママ⑤
「産褥ニッパーは全く使いませんでした。骨盤ベルトで締めた方がいいと思います。」

このように、意外にも産褥ニッパーを使っているママは少ないことが分かります。

私も実際に出産した後は、骨盤ベルトを使っていました。

産褥ニッパーでウエストを締めるよりも、骨盤ベルトで締めた方が負担はかかりません。

それに、将来的にも骨盤を閉めることに集中した方がいいかもしれません。

産後お腹を締めるのはいつからがいい?おすすめの産後ガードル

出産後、お腹を締めるのはいつ頃からがいいのでしょうか?

また、リフォームインナーには産褥ニッパーや骨盤ベルトの他に、産後用のガードルというものが存在します。

ここでは産後にお腹を締める時期や、ガードルについてご紹介してきます。

産後ガードルの使用は目安は悪露が終わってから

産後すぐから1ヵ月程は、お腹を引き締めるのはオススメしません。

女性は妊娠すると「リラキシン」という女性ホルモンが分泌されるようになります。

このホルモンは妊娠中も分泌され続け、産後半年かけて徐々に分泌量が減っていき、緩んだ骨盤が徐々に戻っていきます。

なので、産後すぐに引き締めてもあまり効果がないのです。

また、妊娠中に大きくなった子宮が臓器に圧迫されて位置が変わってしまっています。

この臓器の位置も徐々に戻っていくので、元に戻っていない時期にお腹を締めてしまうと身体に負担がかかってしまうのです。

産後1ヵ月頃には悪露もほとんど終わっていますし、ホルモンの分泌も落ち着き、臓器の位置も戻ってきます。

ですので、お腹を引き締めるのは産後1ヵ月頃からにしましょう。

産後ガードルとは?

産後ガードルとは、お腹やウエスト、ヒップや太ももの補正と骨盤をサポートすることができます。

このガードルは、通常のガードルよりも骨盤周りの着圧が強く設計されているのが特徴なのですが、これはあくまで補正下着です。

補正下着なので、着ている間しか引き締め効果はありません。

産後に痩せたい、骨盤を戻したいなどの悩みを改善してくれるものではないので注意が必要です。

産後の体型を戻したいのであれば、骨盤ベルトなどを使用しましょう。

産後ガードルは自分に合ったサイズを選ぶことが重要

産後ガードルは、自分のサイズに合うように細かくサイズ分けされているのが特徴です。

購入する時は、必ずウエストとヒップのサイズを測ってから購入するようにしましょう。

もし、サイズにばらつきがあり丁度いいものがない時は、ウエストをヒップの大きい方のサイズを選ぶことがオススメです。

また、産後ガードルはもともと少しサイズより小さめ設計されています。

無理に小さいサイズを選ぶと苦しくなって着用するのが苦になってしまうので、自分に合ったサイズを選びましょう。

スポンサードリンク

産褥ニッパーと骨盤ベルトの違いのまとめ

私も経験しているのでよくわかりますが、産後の身体は見るのも嫌になる程変化しています。

早く元の体型に戻りたいという気持ちはよく分かります。

ですが、産後すぐに引き締めたりトレーニングをしてしまうと逆効果になる可能性があるので、決して無理をしてはいけません。

産後1ヵ月くらいは自分の身体をしっかりと労わってあげましょう。

引き締めやトレーニングはそれからでも遅くありませんので、急がず自分の身体を大切にしてくださいね。