へその緒の根本が残るのは普通のこと!?ケアしないと病気になりやすい?

赤ちゃんとママをつないでいるへその緒。

へその緒は、栄養を運ぶ役割をしていますし、とても大切なものです!

でも、産まれてからは不必要になりますよね。

へその緒を切ることで、長い管の部分はなくなります。

だけど、根本はこの時点ではまだ残っていますよね!

個人差はありますが、日が経つと自然と取れます。

ここでママやパパが気を付けることとしては、へその緒の病気です!

実はへその緒が取れた後は、ケアをしないと病気になることがあります。

そこでこの記事では、へその緒が取れたあとはどんな病気になりやすいのか。

へその緒のお手入れはどのようにするのか、詳しく解説していきます!

赤ちゃんのへその緒ってどうなってしまうの?と気になっている方。

是非最後までご覧になって下さいね!

スポンサードリンク

赤ちゃんのへその緒が取れた根本は病気になりやすい?

赤ちゃんのへその緒が取れた根本は病気になりやすい?というところについて。

これは私自身も、産院で初めて知りました!

産前に、できる範囲で赤ちゃんのことを調べたものの。

へその緒の根本が病気になるなんて、知らなかったです。

へその緒の病気については、よく言われているのが2つです。

へその緒の病気①臍炎(さいえん)

まず1つ目が、臍炎です。

漢字が難しいのですが、さいえんと読みます!

これは、へその緒が取れたところから細菌が入るとなる病気です。

へその緒が取れたところって、多少は傷になりますよね。

あと、なかなか乾燥しないので、細菌が入る可能性があるということです。

酷くなると膿がでますし、赤くただれてしまいます。

お腹の方まで広がることもありますよ。

こんな状況になってしまったら、見ているだけで可哀想です。

へその緒の病気②臍肉芽腫(せいにくげしゅ)

それから2つ目の病気が、臍肉芽腫です。

これも読み方が難しいですが、せいにくげしゅと読みますよ。

これは、へその緒が取れて根本が残ることでなりやすくなります。

細菌が入って感染すると、根本がどんどん膨らみます。

そこから赤くなって、気付くとしこりのようになるのが特徴です。

これも臍炎と同じで、痛みがあります。

大きさも様々なので、大きいとお腹の方にまでできることもあるようですね。

どちらにしても、触っただけで痛みを感じるものです。

赤ちゃんが痛がって泣くかもしれないですし、一刻も早く治してあげたいですよね。

臍炎や臍肉芽腫は自宅で治療できる?

臍炎や臍肉芽腫は自宅で治療できる?というお悩みについて!

まずはすぐに病院に行く前に、自宅で様子を見たいですよね。

赤ちゃんのときって、病院に行くのも躊躇います。

月齢が低いと、病院に行くだけで他の菌をひろうかも…と私自身もよく思っていました。

自宅で治してあげられるなら、そうしてあげたいものです。

自宅での治療は可能?①臍肉芽腫の場合

でも、臍肉芽腫になってしまった場合は、自宅での治療は難しいです!

放置しても、治ることはほぼないと思って下さいね。

へその緒の根本がしこりのようになっていたら、早めに病院に行きましょう。

症状にもよりますが、焼き切って消毒をすることが多いです。

へその緒には神経が通っていないので、治療で赤ちゃんが痛がることはないです!

でも、病院に行って何かされる…と思うだけで、怖いものですよね。

自宅での治療は可能?②臍炎の場合

臍炎になった場合は、一旦自宅で治療しても大丈夫です。

しっかりと乾燥をさせることと、消毒が必須になりますよ!

毎日清潔にしてあげることで、症状が落ち着きます。

でも、数日経っても症状が落ち着かないこともありますよね。

自宅で治療をしてもよくならない場合は、病院に行きましょう!

どちらにしても、自分でどうにかできないな…と感じたら、受診してください。

何もせずに放置はやめましょうね。


スポンサードリンク

へその緒は自宅で毎日どんなお手入れをすれば良いの?

へその緒は自宅で毎日どんなお手入れをすれば良いの?というのは気になりますね!

私自信も、へその緒のお手入れについてはしっかりと調べました!

我が家では、娘がへその緒が取れるまで数週間かかりました。

取れたときは、いつの間に?という感じでしたね。

でも、取れてからはとにかく毎日お手入れをしましたよ。

へその緒が取れるまでの日数にも、個人差があります。

取れてからしっかりとケアできるように、毎日チェックしてあげてくださいね。

ちなみに、我が家で実際に行っていたへその緒のお手入れはこちらです!

  • 1日1回は必ず沐浴をして、へその緒を清潔にしてあげる
  • 沐浴の後は消毒をする
  • 消毒をした後はなるべくへその緒を乾かしてあげる

へその緒のケアは毎日の沐浴後に

まず、沐浴を行わない日は1日もなかったです!

自分の体調が悪いときは、実母か夫に入れてもらっていました。

赤ちゃんって、大人よりも代謝が良いですよね。

なので、寝ているだけでも汗をかきやすいです。

赤ちゃんは泣くのが仕事と言いますし、泣くと更に汗をかきますよね。

我が家では1日1回の沐浴は必ず行って、へその緒も綺麗にしていました。

沐浴の時は、へその緒自体は擦らなくてOKですよ!

擦りすぎると、逆に傷つけてしまう可能性があります。

あとは、沐浴後は綿棒と消毒液を使って、毎回消毒をしていました。

麺棒も消毒液も、ベビー用品店で手に入ります!

消毒のやり方としては、消毒液を少し綿棒に含ませて、軽くへその緒につける感じです。

あまり強くやらないようにして下さいね。

沐浴や消毒の後に着せる服にも工夫を

沐浴や消毒の後は、通気性の良い服を着せるのが一番です!

しっかりとへその緒を乾かすことで、細菌が入るのを防げますよ。

我が家の場合はこの方法でお手入れをして、何の問題もありませんでした。

へその緒が取れてから数日で、ちゃんと乾きましたよ。

お手入れは必須なので、毎日ちゃんとケアをしてあげましょう!

スポンサードリンク

へその緒の根本が残るのは普通のこと!?のまとめ

へその緒って、大人が思っている以上にデリケートな部分です!

なかなか乾きませんし、乾くまでにも時間がかかりますよね。

でも、ちゃんと毎日お手入れをしてあげれば、病気になることはないですよ。

だけど放置してしまうと、細菌が入る可能性があります。

細菌が入ると、ここでお話をした臍炎や臍肉芽腫になる可能性も。

赤ちゃんが病気になるなんて、気が気ではなくなりますよね!

健康に成長できるように、ママやパパができることは、やってあげて下さいね。

へその緒のお手入れ方法も、難しくはありません。

清潔にして消毒をして、しっかりと乾かすだけです!