冠婚葬祭

冠婚葬祭

結婚式の招待状の返信でのng対応!返信マナーと例文紹介

自分の大切な人から、結婚式の招待状をもらうと、自分まで幸せな気持ちになりますよね。 招待されたゲストとして、出席前に注意をしておきたいことが、招待状の返信マナーです! 私も結婚式を挙げる側になって感じたのですが、意外と新郎新婦はマナーがちゃ...
冠婚葬祭

初盆参りの挨拶は何と言えばいい?意外と間違えてしまいがちなダメな挨拶とは?

初盆参りのときの挨拶は、シンプルに「お参りさせて頂きにきました」でOKです。 お葬式の時の「ご愁傷様です」のような形式的な挨拶はいらないです。 法要の日の遺族は進行と参列者の対応に追われています。 簡単に挨拶をして故人の思い出話をしてからお...
冠婚葬祭

祝電を結婚式で送るときの文例「親族編」!どんなことに気を付ければいい?

幼いころからの付き合いがある従姉妹の「結婚式」。 でも、自分が妊娠中や遠方の場合、仕事の都合などでどうしても結婚式に出席できない。 そんなときは、お祝いの気持ちを文字で送ることができる「祝電」がおススメです。 そこで今回は、親族の従姉妹の結...
冠婚葬祭

結婚式で両親にプレゼントする記念樹!おすすめ5選とその理由

もうすぐ結婚する幸せいっぱいのカップル!いいですね。 二人は記念すべき結婚式を素敵に進めるために計画を立てるでしょう。 愛情たっぷりに育ててくれたご両親に感謝の気持ちを表すために心のこもったプレゼントを贈ることも考えるでしょう。 豪華な花束...
冠婚葬祭

新盆のお供えに添える手紙の書き方と例文集!どんなことに注意すればいい?

東日本では新盆。 西日本では初盆とも呼ばれていますね。 新盆というのは、故人が亡くなったあと、四十九日の忌明けを過ぎてから初めて迎えるお盆の事です。 友人や知人が大切な方を亡くしたから、お供えに手紙を添えて、少しでもその気持ちに寄り添いたい...
冠婚葬祭

略喪服と喪服の違いってなに?相手や場面によって使い分ける必要はあるものなの?

お通夜やお葬式など弔事で着る「喪服」。 「礼装服」とも呼ばれ、スーツと比べて光沢が無く深い黒色をしている特徴があります。 また、実は「喪服」と一言に言っても「正喪服(せいもふく)」「準喪服(じゅんもふく)」「略喪服(りゃくそうふく)」と3種...
冠婚葬祭

初盆の香典の金額で友人のときの相場は?包む額はどう決めればいい?

子どもの頃からお世話になっていた友人のお母さんの「初盆」。 お供え物やお香典の相場・訪問する時のマナーなど、分からない事ってたくさんありますよね。 そこで、今回は初盆でのお供え物の例やお香典の相場、友人宅へ訪問する際のマナーなどについて解説...
結婚式

兄弟の結婚式に出席するときのご祝儀の相場は?家族4人ならどうする?

若い二人が結婚することが決まったら、それはとてもおめでたいことですね。 まして、それが自分の兄弟だったら、心からお祝いしたいと思うでしょう。 ただ気になるのは、ご祝儀をいくらにするかということですね。 兄弟の場合で、子ども2人を連れて結婚式...
冠婚葬祭

結婚式の招待状の返信で様の位置に決まりはある?書くスペースが無い場合の対処法

誰でも届くと嬉しいものの一つが「結婚式の招待状」ではないでしょうか。 新郎新婦には失礼の無いように返信をしたいですよね。 そこで今回は、返信ハガキの基本マナーや夫婦連名で出席する場合や横書きの返信ハガキの書き方などを解説していきたいと思いま...
冠婚葬祭

家族葬のときの会社への連絡はメールでも大丈夫?そのまま使える文例集

家族や親せきのお葬式って、辛くて悲しいですよね。 中には、なかなか精神的に立ち直れない方もいるでしょう。 また亡くなった瞬間から「葬儀の話」がどんどん進んでいって、バタバタの連続になってしまうものです。 そんなとき、会社で働いている人だと「...