カーペットって洗えるの!?洗濯表示を確認するときのポイント

スポンサードリンク

カーペットって洗うとなると神経使いますよね?

人によってはクリーニングに出す人もいるのではないでしょうか?

意外と洗濯表示をみると家で洗うことも出来ます。

しかし、家で洗うとなるとしっかり表示を見ないといけないです。

洗って失敗してしまうと高いカーペットがもったいないですし

品質も下がってしまします。

洗わないと気が済まない人もいると思います。

その際はしっかり表示を見て洗濯しましょう。

確実なのは手洗いだと思いますので、しっかり読んでせっかくのカーペットが台無しにしないようにしてくださいね。

スポンサードリンク

なかなか洗えないカーペット!洗濯以外にキレイにする方法は?

さぁ、カーペットを洗濯する以外にキレイにする方法はあります。

それは、日光にあてることです。

カーペットを日光にあててみよう!

これは、カーペットに限らず言えることですが、日光にあてることはものすごくいいことがたくさんあります。

それは、カーペットがふかふかになりますし、ダニの退治、カビを防いだりできることです。

カーペットは、意外とそういった菌などの住処になりやすいのです。

なぜなら、結構な時間その場に敷いていることもありますし、そのうえで飲食をすることで、その欠片が落ちていたりして汚れています。

それを綺麗にするのが日光に当てるという事です。

カーペットについているダニは日光に弱い

まず、ダニは日光の日差しに弱い事。

それによりダニ退治が出来ます。

そして、おひさまに当てたカーペットを取り込むときが注意です。

よく、洗濯物たたきで強く叩く人がいます。

私もそうでした。

だって、強く叩くと目に見えてホコリが飛ぶのが見えて、綺麗になる感じがするからです。

あなたはどうですか?

カーペットを干したあととりこむ前に叩くのは逆効果!?

でも実はカーペットを強く叩くことによって、せっかく日光の光で退治出来たダニが、カーペットの繊維に入り込んでしまうんです。

死んでしまって動かないダニとはいえ、気持ちいものではありません。

それに、今度はその「繊維に入り込んだダニの死骸」を食べるために、違う菌が寄ってきます。

ですので、干したあとのカーペットは強く叩かず、手で払うくらいが丁度いいのです。

カーペットのカビはどうする?

次にカーペットについてしまったカビですが、カビは高温多湿を好みます。

ですので、外に出すことで外の風にも当てることが出来て、湿気を飛ばし、ダニ同様に日光でカビを退治できます。

ですので、洗濯機で回さなくても、十分キレイになります。

ぜひ、次の休みの晴れた日にやってみてください。


スポンサードリンク

カーペットの汚れが激落ち!掃除にゴム手袋が大活躍

そうなんです。

実は、ゴム手袋の繊維とカーペットの繊維の相性がとっても良いんです。

なのでゴム手袋でカーペットを撫でるだけで、色々なゴミが付着してキレイになるんです。

今はあなたの家のカーペットに、髪の毛や、ホコリはありませんか?

目に付くレベルの物はいいですが、繊維の下に潜り込んだ見えないゴミもたくさんあります。

これは、掃除機などで吸っても吸いきれません。

そういう時に、ゴム手袋が大活躍です。

しかも、ゴム手袋なんて今では100均のお店で簡単に買うことも出来て、コストパフォーマンスもいいです。

クリーニングに出すといくら取られるか分かりませんが、自宅で出来れば節約にもなりますよね。

そのうえで、日光に当てれば、本当に綺麗にさっぱりして、気持ちのいいカーペットになります。

しかも、何度も洗濯などをしないのでダメージも少ないです。

ぜひ、こちらもお試しくださいね!

スポンサードリンク

このカーペットは洗えるの!?のまとめ

あなたが普段使っているカーペットはどれくらい汚れているでしょうか?

ご紹介した方法でカーペットのお手入れを実際にやってみると、現実を見てしまうかもしれません。
それくらい効果があります。

しかし、それを見ることにより、カーペットを綺麗にしようという気持ちも出てくるでしょう。

しかも、掃除機で取るのとは違い音がでずに綺麗になるので、時間帯を選ばずに綺麗に出来るので、今からでも出来ますよ。

さぁ、あとは実行するのみです!